読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

babie steps

作業療法記録

Rails3 対応 MongoDB ORM、Mongoid 詳解―前説

つい先日 1.6.0 がリリースされ、MongoDB の時代がいよいよキタ!って感じです。MongoDB 自体のインストール・操作などは下記の記事を参考にしてください。


この記事では、Rails3 にふさわしい ORM として、Mongoid を紹介します。


MongoDB の Ruby ドライバーは、mongo ですが、これは素のドライバーで、Rails などと使用するときは、クラス・オブジェクトに自動でマッピングしてくれる ORM を使用したいところです。

その候補として、

があります、

この内、プロダクションで使われているのは、MongoMapper と Mongoid です。Rails2 では、MongoMapper がよく使われていて、他のプラグインの対応も良かったようですが、Rails3 においては対応が遅れ気味ですし、インターフェイスも Rails2 時代の古いものです。最大の弱点はドキュメントが貧弱なことです。

その点、Mongoid は、Rails3 対応に向けて活発に開発が進んでおり、インターフェイスも Rails3 の AcitiveRecord のベースになっている Arel 風味ですし、公式サイトでのドキュメントの充実ぶりは中々のものです。その上 Devise, CarrierWave といった Rails 定番プラグインも対応しているので、私は Rails3 向けには断然、Mongoid をオススメします。

Sinatra などの軽いフレームワークには、mongo にしか依存していない Candy がいいかもしれません。ただし、Candy は Ruby 1.9 以上対応なので気をつけてください。

というわけで、これから、公式サイトのドキュメントを翻訳し、若干の解説を行ないます。