読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

babie steps

作業療法記録

リモートペアプログラミング環境を整えた

遠隔地の人とチームを組んでペアプログラミングしたい!そういうこと、ありますよね〜。そりゃ近くで顔見ながらやった方がいいですけど、止むに止まれぬ事情ってあるもんで。ぼっちプログラマ×ぼっちプログラマの夢のコラボレーションができます!


準備するもの:


まず、共用サーバとして、さくらのVPSを借りた。月額980円!他のところでもっと安いところがあったんだけど、「OOMKiller発動→自分の何の落ち度もないプロセスがSIGKILLで落とされるを繰り返してた」とか「運営が勝手にVPSいじって全員を公開プロキシにした」とかいう噂を聞いたので、信頼と実績のさくらにした。


ほんで、Skype で音声&チャットします。カメラがあればビデオ通話もいいですね。


んで Unix
まず、セットIDしとく。

$ sudo chmod u+s `which screen`
$ sudo chmod 755 /var/run/screen

/var/run/screen はディストリビューションでちょっと違うかも。セッションファイルが作られるディレクトリね。これは Ubuntu の場合。

んで、screen の設定を追加。
~/.screenrc

multiuser on
acladd bar

bar は相手のユーザー名。カンマ区切りで複数ユーザーいけます。

で、俺(foo)が、

$ screen -S foo

んで、相手に、

$ screen -x -r foo/foo

してもらう。foo/foo のところは user名/session名 です。

これでターミナル共有完成!コマンドでもVimでも何でも打てるし割り込みし放題。
sshの別タブで同じように逆をやれば、相手の環境に飛び込めます。