読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

babie steps

作業療法記録

スタートアップの共同創業者を募集します 1

今、温めている有望なアイデアを一緒に形にしてくれる、Stay hungry, Stay foolish な共同創業者を募集します。

なぜ募集するかというと、

  • 一人でやっているとサボる。スピードアップしたい。
  • 違う視点が欲しい。
  • プログラマの友人はそれなりにいるが、みんな身持ちが堅い。ほら、周りオッサンが多いから子持ちでリスク取れなかったり。
  • かの有名な Y Combinator では、一人で応募すると、共同創業者を探してこいと言われるらしい。

からです。


募集の締切は10月19日(水)いっぱいとさせて頂きます。幸運の女神の前髪は短いです。う〜ん、でもまぁ、25時とかでも起きてるし受け付けると思う。とりあえず話だけでもいいんで、気軽に声かけてください。


共同創業者になるからには私がどういった人か把握したいと思います。長年、このブログやTwitter(@)の読者ならば必要ありませんが、初見の方もいると思いますので、簡単に自己紹介します。

  • 名前:馬場道明
  • 年齢:35歳。おっさんですね、いい年して何をやっているんでしょうか。一種のキチガイです。
  • プログラマ歴:12年
  • プログラミング言語歴:C, C++, C#, Ruby, Perl, PHP。仕事で使ったのはこれくらいかな。
  • その他技能:後述の要求技能は大体押さえてあります。
  • Ruby好き。昔 Rubyist Magazine で編集をしていました
  • Rails を初期から触っており、本を書いたことも『ライド・オン・Rails』
  • 性格:プログラマの三大美徳(無精、短気、傲慢)を全て備えております。Think Different ができる人間だと思っています。デイ・ドリーム・ビリーバーもしくはヴィジョナリー。根は毒舌なんですが、最近抑えることを覚えました。独善的ですが、リリースした後はこまめにユーザーの声を聞こうと思っています。これらに加えて、陽気な変態です。
  • 病歴:鬱病ですが、薬で改善しています。もちろん騒いだり暴れたり怒り狂ったりキョドったりすることはありません。

と、こんなところです。一応、書いては見ましたが、昔から私を知ってる人しか応募しませんね、多分。


さて、参加の条件はまずプログラマであることです。デザイナもホントは欲しいけど、俺の確固としたイメージが既にあるし、やりにくいんじゃないかなー。
リモートで開発できる環境を整えてあるので、居住地の制限はありません。インターネットが繋がるならファミレスやカフェで作業しても結構です。端末を盗まれないようにね。
所有機器はできれば MacBook 系だと嬉しいですね。選考時に Skype で顔を見ながら話したいのでカメラ・マイクは必須だからです。お問い合わせ時は音声やテキストチャットのみでもかまいません。
アイデアはあればいいですが、なくても構いません。俺が夢ひろがりんぐ系なので好対照な方がいいのかも。
デザインは私がなんとか頑張ろうと思います。というか、UI にはこだわりたいので、人にやらせると小言を言ってしまうと思う。

必要となる技能は、

です。
これら全部を既に習得している必要はありませんが、ざっと概要を把握してすぐに開発に入れる必要があります。条件厳しすぎるかなー?う〜む。でも中身はそんな難しいことしてないし、今まで書いた分がサンプルコードになるから大丈夫だと思う。

性格的には、でっかく稼ぎたくて生き急いでいるような方だと嬉しいです。スタートアップの生活については、ここでクドクド説明しませんが、初期は毎日カップラーメンすするような覚悟もいると思います。私は生活に不必要なものは切るようになったので、物欲が減って部屋も綺麗、外食もほとんどしなくて経済的にもお得です。スキルあるけど今ニートって人がぴったしかもしれませんね。失うものないし。


当座の目標は、TechCrunch Tokyo 2011 のスタートアップバトル(応募締切:2011年10月27日、開催日:2011年11月29日)に参加して注目を集めシード資金を得ることです。開発は全くの 0 からのスタートではなく、既にベースはできていますので、最初でつまづく心配はありません。初期リリースは、機能を限定しますので、十分間に合うと思います。最初はウェブサービスとしてスタートし、徐々に iOS や Android 用のアプリを作っていきたいと考えています。


従業員の募集ではなく、共同創業者の募集なので、給与は出ません(もちろん資金調達できたら出ます)。その代わり会社設立の際に株を分配します。その割合は、私が最低51%、残り49%を成果に応じて分けたいと思います。具体的にはテスト付きコードのコミット数を私と競ってもらいます。手が速くて体力があるならば、会社が終わってからの開発でもかまいません。今勤めている会社を辞める必要はありません。できれば、株を30%ぐらいは持っていって欲しいですね。


肝心のアイデアですが、書きためた222件の内から、必要性・市場・収益性などの独自の基準(企業秘密)を満たしているもので、最も優れたものを用意しております。あと、差し障りないとこで言うと、アイデア一発の短編アプリじゃなくて、未来のスタンダードを目指す長編アプリです。ブログで共同創業者を募集するのもちょっと関係あったりして。そして、狂気を備えています。私の尊敬する世界的な企業は全て狂気を持っています。Apple なら全ての人にコンピュータ製品を届けるという狂気(当時はコンピュータは個人のものではなかった)、Google なら世界中の情報をインデックスするという狂気、Facebook なら実名のウェブが世界を良くする!という狂気。それが、私のプロダクトにもあります。世界を、人々のライフスタイルを、何よりも自分の生活を、変える野望です。


アイデア・ロードマップなどの詳細は Skype で話します。そこで実際に参加するかどうか判断してください。興味を持った方は、まず Twitter で私(@)に話しかけてください。DM で Skype ID を教えます。
一緒に未来の AppleGoogleFacebook に比肩しうる企業を作りましょう。

ご応募お待ちしております。

追記1:
はてブで皆さんが疑問に思っていることに答えました→「スタートアップの共同創業者を募集します 2