「ソースがオープンだから」は稚拙?

id:masataka_k さんの「ソースがオープンだから」に今更反応。いいの「遅レス」だから。
脊髄反射は良くないなと思って今まで反応しなかったが、やっぱり「論拠なく稚拙とのたまうのはいかがなものか」という気持ちで書く。「奇を衒えばいいっちゅーもんじゃねーぞ」という気持ちで書く。この手の話題は「立入禁止」フダが立っているような気がするが書く。「書かない勇気」が養えてないな。2・3日ぼんやり考えても本当にわからないから教えて欲しい。

最近、OSS関連のシンポジウム参加や関連の記事等を読みすぎて、目が肥えてきた(?)のか、頭がおかしくなってきたのか、どうも稚拙に思えてしょうがない命題があります。

  • Q:オープンソースソフトウェアがなぜ良いのでしょう?
  • A:ソースがオープンだからです。何か問題があってもソースを見ることができるので、解決のチャンスが広がります。

。。。このQ&Aに違和感を感じ、あまつさえ稚拙にしか思えないのは私の理解力の問題なのでしょうか?

「稚拙」でしょうか? 私はソースが読めることの利点はあると思っています。「ソースを読みこなせる人は一握りしかいない。」ということでしょうか? 仕事ならば、必要とあれば、どんな糞コードでも読みますよね? ロックインされてベンダーの意向に左右されるのはごめんです。もし本家本元の開発やサポートが止まっても、自力で解決できる可能性が 0 でないというのは大きいと思います。生きてるプロジェクトにしても、本家本元のバグに自作パッチ当てながら使ってるトコなんていくらでもあるでしょう?(フィードバックするかしないかは別の話。あ、「お客さん」意識を問題にしてるのかな?)
どういう意図なのか詳しく話が聞きたいな。くやしく。