読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

babie steps

作業療法記録

DDDを読んでる3

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計

今日は第6章を読んだ。

Railsで行き当たりばったり雑にカスケード削除してたけど、集約を読んですっきりした。ルートエンティティを設定して、集約外からはルートエンティティ以外にはアクセスさせなきゃいいのかー。なるほど。図にするとよくわかるなぁ。今ならRubyにもぼっち演算子(&.)ついたし、よりやりやすくなるな。

ファクトリはようわからんかった。「集約全体を生成するのが複雑になったり、内部構造をさらけ出し過ぎていた場合」、に使うらしいので、この場面にあったら読みなおそうと思う。

リポジトリは、これはエンティティと分けた方が良いよなぁ、と。Railsのモデルで別にフォームを作る試みあるけど、このフォームがエンティティまたは値オブジェクトなのよな。Railsのモデルはリポジトリとエンティティがごっちゃになってて、デカイんだよね。DHHは勉強家らしいので、当然DDDも読んでるはずで、未だにActiveRecordがこの形なのはなんか理由があるんだろう。

  • 第6章 ドメインオブジェクトのライフサイクル
    • 集約(AGGREGATES)
      • 例6.1——購入注文の整合性
    • ファクトリ(FACTORIES)
      • ファクトリとその場所を選択する
      • コンストラクタがあればよい場合
      • インタフェースを設計する
      • 不変条件のロジックはどこへ置くべきか?
      • エンティティファクトリ対値オブジェクトファクトリ
      • 格納したオブジェクトを再構成する
    • リポジトリ(REPOSITORIES)
    • 関係データベースに合わせてオブジェクトを設計する
広告を非表示にする